無能プログラマの開発日誌

無能からの脱却をはかるため、畑を耕すように自分を開拓しようと考えたプログラマの開発メモ

auひかり(ひかりちゅら)でBuffaloのPPTPサーバー機能を利用する

私の自宅のネットワーク環境は、BuffaloのPPTPサーバー機能を使って
VPNを使えるようにしているんですが、その設定方法がメンドくさく、
つい先日、引っ越した時に、その環境を再構築するのが、
大変だったので、今後、引っ越ししたり、ネット回線を変えたりしたりなど、
何らかの原因で再構築が必要になった時の為に、
このブログでまとめておこうと思います。

 

私の家のネットワーク環境は、以下の構成になっています。
auひかり(ひかりちゅら):  HGW Aterm BL900HW 
無線LANルーター: WZR-HP-G300NH (BUFFALO)

 

環境構築は、以下のサイトを参考にしました。

川向こうからのブログ発信 PPTP-VPN接続を可能にする家庭内ネットワーク設定

無線LANルーターや、HGWのモデルが違いますが、
基本的に構築・設定の仕方は同じです。

f:id:apla:20140607002027p:plain

 

 このネットワーク構成だと、2重ルーターにもなっていないので、PPTP-VPNが使えます。

先ほど、紹介したサイトがとても役に立ちました。

 

設定方法を上記サイトの説明を流用して、簡単に説明すると、

◆HGWのポートマッピングで、
 ・プロトコル TCP、ポート番号 1723-1723
 ・プロトコル gre、ポート番号 (記入しない)
  を追加

◆ HGWのLAN側設定で、 
 ・DHCPサーバー機能のチェックを外す。 
 ・固定のIPアドレスを設定 
◆AirstationのLAN側設定で、 
 ・LAN側IPアドレス:固定のIPアドレスを設定 
 ・DHCPサーバー機能にチェック 
 ・デフォルトゲートウェイの通知 
  :指定したIPアドレス(HGWのIPアドレス
 ・DNSサーバーの通知 
  :指定したIPアドレス(HGWのIPアドレス
◆AirstationのWAN側設定で、 
 ・DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得 
 (WANには何も挿していないので「見せかけ」の設定です。設定しないとエラーになります。) 
 ・[拡張機能]のデフォルトゲートウェイDNSサーバーアドレスのプライマリにもHGWのIPアドレスを記入します。

 

各画面のキャプチャを載せます

 

f:id:apla:20140607003517p:plain

f:id:apla:20140607003519p:plain

f:id:apla:20140607003551p:plain

f:id:apla:20140607003547p:plainf:id:apla:20140607003545p:plain

 

f:id:apla:20140607003548p:plain

f:id:apla:20140607085754p:plain