無能プログラマの開発日誌

無能からの脱却をはかるため、畑を耕すように自分を開拓しようと考えたプログラマの開発メモ

chown - ファイル所有者の変更

chownコマンド

機能

ファイル・ディレクトリの所有者を変更する。所有者は/etc/passwdファイルにあるログイン名か、ユーザIDを指定する。シンボリックリンクが指定された場合は、リンク先のファイルの所有者が変更される。ワイルドカードによる複数ファイルの指定も可能。

形式

chown (option) [user / :group / user:group] [file]

オプション

オプション機能
-f権限がなくて変更ができない場合に、エラーを出力しない
-hシンボリックリンク自身の所有者を変更する
-Rディレクトリを変更する際に、中のファイルやサブディレクトリも変更する

コマンド例

// file1の所有者をuser1に変更する
chown user1 file1


// file2の所属グループをgroup1に変更する
chown :group1 file2

関連コマンド

chmod      

その他

変更はファイルの所有者かスーパーユーザのみが可能。

                                                                                                                                              • -

chownコマンドはファイルの所有者を変更します。使い方は簡単です。
例として、「test.txt」の所有ユーザーを「taro」、所有グループを「admin」にするときは以下のようにコマンドを入力します。

% chown taro:admin test.txt


このようにユーザ名とグループ名をコロン(:)で区切って指定します。

グループは変更せずにユーザーだけ変更したい場合は

% chown taro test.txt


このように省略して記述することができます。
当然といえば当然ですが、存在しないユーザー名、グループ名を指定することはできませんのであしからず。


参照
Linuxコマンド集 - 【 chmod 】 ファイルやディレクトリのアクセス権を変更する:ITpro